筆跡心理学の世界にようこそ筆跡鑑定・印影鑑定・筆跡診断・筆跡心理学・通信教育・セミナー・執筆

日本筆跡心理学協会Japan association of graphology
 

筆跡鑑定・印影鑑定のご案内

当会の特長

特長1 弁護士協同組合特約店

・東京都弁護士協同組合特約店
・神奈川県弁護士協同組合特約店
・大阪弁護士協同組合特約店
・愛知県弁護士協同組合特約店

当会の母体である「日本筆跡心理学協会」は、東京、神奈川、大阪、愛知の弁護士協同組合の特約店として認定されており、弁護士の先生方より筆跡鑑定、印影鑑定及び鑑定書作成の依頼を受けております。
弁護士協同組合とは、組合員である弁護士の「個々の職業人としての立場の支援・向上をその専らの役割」とするものです。
(東京都弁護士協同組合員数約16000名、神奈川県弁護士協同組合約1400名、大阪弁護士協同組合員数約4000名、愛知弁護士協同組合約1900名)
特約店とは、組合の厳しい審査を通過し、組合員である弁護士業務を担う方々に必要なサービスの提供を許された事業者です。

特長2 多くの実績

全国の法律事務所、裁判所、金融機関などを含む企業、調査会社、マスコミ、自治体、一般の方々などのご依頼により、遺言書、契約書、怪文書、また領収書などの筆跡鑑定、印影鑑定を行っております。調査実績は1900件以上。裁判資料としての鑑定書作成のご依頼を数多くいただいております。お電話またはEメールなどでお気軽にお問い合わせください。(秘密厳守)

特長3 高い品質と公正さ

難解な用語を極力避け、それぞれの筆跡画像と解説をまとめ、わかりやすい高品質の鑑定書を公正な姿勢で作成いたします。わかりやすい鑑定書は裁判官といった第三者への説得力につながります。

特長4 全国からのご依頼

資料は郵送などでやり取りすることで、遠方の方もご依頼しやすくなっております。
それにより、国内外を問わず多くの筆跡鑑定、印影鑑定の依頼を受けております。

特長5 法律の専門家からの紹介

当会の鑑定をご利用頂いた法律事務所・弁護士の先生に、「筆跡鑑定を考えているなら鑑定書の品質と費用の面からここがおすすめである」と紹介された、個人の方や企業のご担当者様からのお問い合わせを数多くいただいております。

鑑定人紹介

私どもが直接承りますので、どのようなことでもお気軽にご相談ください。
TEL:045-972-1480   FAX:045-972-1490 携帯090(8642)5979
〒227-0043 神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-2-1-702

私どもが直接承りますので、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

TEL:045-972-1480
FAX:045-972-1490
携帯:090-8642-5979

Eメールでのご相談、データの送付も歓迎いたします。

kindai@kcon-nemoto.com

チーフ  根本 みきこ

コメント

筆跡心理学のエキスパートとして、長年の後輩指導を
経て筆跡鑑定分野に進出しました。
遺言、離婚などの家事問題に、女性ならではの鋭い
視点ときめ細かい鑑定を目指しております。
鑑定にかかわるご質問がございましたら、
どのようなことでもお気軽にお問い合わせください。

プロフィールを見る

代表鑑定人  柳谷 亮

コメント

IT系コンサルティングなどを経て、この道に入りました。
コンサルティング業務の経験から、親切・丁寧が私の
モットーです。
ご依頼には迅速に対応し、問題の解決には公平、且つ
真摯に取り組みたいと考えております。
また鑑定業務においては、筆跡鑑定だけではなく、印影鑑定も得意としております。 みなさまの幸せのために、この仕事を通じて少しでも貢献できるよう願っております。

プロフィールを見る

■前代表根本寛による筆跡鑑定の要点を分かりやすく説明した動画です。
   
是非ご覧下さい(約15分 無料)

費用を無駄にしないために

高額な費用をかけて筆跡鑑定を行ったところ、考えていたものと異なる結果の鑑定書が出来上がった。そういった場合、その鑑定書は必要の無いもの、つまり費用が無駄になるだけかと思います。
そこで当会では、ご相談者様が損をすることが極力ないように、初期作業として最初に鑑定結果の方向性を調べてお知らせいたします。これを事前調査と呼んでいます。
ご相談者様は、この事前調査の結果を聞いてから、鑑定書の作成に進まれるか、それとも中止するかをお決めいただけます。これにより不要な鑑定書が出来上がることを避け、ご相談者様にとって最低限の出費で済むシステムをご用意いたしております。

鑑定の種類など

筆跡鑑定~ 電話相談(無料)

鑑定の内容や可能性、日数、費用、その他のご質問などは随時お受けしております。お悩みになっていないで、お電話やEメールなどでお気軽にお問い合わせください。
TEL 045-972-1480 携帯 090-8642-5979 なお、留守番電話になっている場合はメッセージをお残しください。こちらから必ずご連絡いたします。
Eメール kindai@kcon-nemoto.com 件名は「筆跡鑑定について」や「鑑定の相談」など入力頂けると助かります。

筆跡鑑定~ 事前調査(無料)

資料の到着後、鑑定結果の方向、判定のレベルがどのようになるか筆跡鑑定の事前調査を行い、合わせて所要日数とお見積りした料金を2~4日以内にファックスまたは郵送またはEメールにてご報告いたします。

鑑定書作成に進まない場合のみ、事前調査料金のご負担をお願いします。不鮮明といった理由で鑑定が出来ないと判断された場合は、費用はかかりません。(作為文字や乱れの強い文字など、まれに事前調査では判断が困難な場合があります)

筆跡鑑定~ 簡易鑑定

主に交渉用や実態を知るための、簡易な構成の鑑定書です。筆跡は5文字程度まで調査いたします。文字数とは、例えば「筆跡太郎」さんという方の署名を調査するのであれば4文字と数えます。調査は本鑑定と変わらず厳密に行います。納期は通常で20日間程度となります。

筆跡鑑定~ 本鑑定

筆跡特徴を指摘するだけでなく、形状について分かりやすく説明を記載し、また相手方の反論を想定した鑑定書を作成いたします。さらに、偶然ではなくなぜこのような字形に書かれたかなどを出来る限り記載し説得力を高めます。裁判所への提出資料としてご依頼される場合は、この本鑑定をおすすめしております。
正確な金額はお見積りし、事前調査の結果と合わせてお知らせいたします。納期は通常で20日間程度となります。

反論・意見調査費

反論書または意見書は、それができるか否か検討するため調査費用が必要となります。反論書または意見書の作成に進まない場合にご負担をお願いし、作成に進まれる場合は無料です。また、弊所で作成した鑑定書に対して相手方より出された反論書または意見書への再反論の検討も無料です。

筆跡鑑定~ 反論書兼鑑定書

相手方の鑑定書に誤りがあり、それについて反論する文書、または反論と鑑定を一体化した文書を作成いたします。最初に『反論調査費』がかかりますが、反論書作成に進まれる場合の調査費は無料です。

意見書

相手方の鑑定書が妥当であるか、また鑑定書ではないがある一定の方向性について述べるといった文書を作成いたします。最初に「意見調査費」がかかりますが、意見書作成に進まれる場合の調査費は無料です。
例1 相手方の鑑定書について、鑑定手法に問題があり、鑑定結果が誤っている可能性があることを主張。 例2 字形には、やや異なる点もあるが、類似点の方が多く、どちらかと言えば同一人によるものであることを主張。 例3 資料の解像度が低いため詳細な照合ができないが、明らかに異なる形状があることから、どちらかと言えば別人によるものであることを主張。

特殊調査

赤外線カメラやマイクロスコープを用い、文書の改ざんの有無など調査します。数量により金額は変わりますので、資料拝受後にすぐに着手せず、調査費と報告文書も作成した場合の2通りのお見積もり額をお知らせしいたします。
例1 金額を水増しするため領収証の金額を改ざんした疑いがあり、加筆されたものか調査。
例2 文書にマジックで上塗りされた箇所があり、そこに何が記載されているかを調査。

特急料金

ご相談時にお急ぎであることを先にお知らせください。他のご依頼の状況によっては、お受けできないことがございます。
・簡易鑑定 10日程度で納品 基本額の5割増し
・本鑑定   14日程度で納品 見積額の3割増し

筆跡鑑定プラス簡易印影鑑定

筆跡鑑定書に加え、押印された印影が実印によるものか、あるいは他の書面の印影と同一の印章によって押されたものかといったことを検査し、簡易印影鑑定書を作成いたします。

当然ですが「鑑定品質は高く」「料金は低廉」というのが望ましいわけですが、当会の料金体系は、鑑定に要する時間を基準に少しでも安くという方針で定めています。
あまり安すぎるものは解説がほとんどなく、筆跡を拡大した画像を記載し、手書きで「何百箇所を点検」とだけ書かれた説得力に欠けるずさんな内容であったりとすることがあります。そのような鑑定書に憤慨や失望された方があらためて当会に相談をするといったことが起きています。
また、中には依頼人の意向に沿うべく都合の良い筆跡だけを取り上げたと思われる鑑定書がありますが、公正さに欠ける鑑定書は、裁判官の心証を損なうなど、むしろ逆効果となります。
筆跡鑑定書は、たとえ安くても効果が無ければ意味がありません。お困りになられている皆様の時間と費用が無駄にならないためにも、内容がしっかりとした公正な鑑定書が必要です。


筆跡鑑定料金について

  • ■ 鑑定書などの作成費用は以下の通りです。表内記載の料金は税別です。調査の対象となる鑑定資料が複数ある、あるいは照合用の対照資料が膨大で、どれを選んで良いか判断できないといった場合など、お分かりにならないことは、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせください。
種類 料金 補足事項
事前調査(無料) 30,000円 鑑定書作成に進む場合は無料です。事前調査で打ち切る場合のみご負担をお願いします。
簡易鑑定 90,000円 5文字程度まで調査し、簡略化した鑑定書を作成いたします。
本鑑定 250,000円から 説明を充実させ、相手方の反論を想定した鑑定書を作成いたします。調査する文字数により料金が変わります。
反論・意見調査費 10,000円 反論または意見できるか否かを調査します。反論書または意見書の作成に進まれる場合は無料です。
反論書 200,000円から 相手方の鑑定(書)を無効とすべく、具体的に反論するもの。
筆跡鑑定書
兼反論書
350,000円から 筆跡鑑定書と反論書を別々に作成するよりも最大で10万円お安くなります。
筆跡鑑定プラス
簡易印影鑑定
300,000円から 筆跡鑑定書と簡易印影鑑定書を別々に作成するよりも最大で7万円お安くなります。
意見書 100,000円から 相手方の鑑定書や、鑑定資料について意見を述べるもの。
特殊調査 30,000円から 調査量及び内容、また調査結果を記し製本された報告文書を作成するかといったことで料金は変わります。
所見書 50,000円 事前調査の結果と、調査に用いた資料のコピーをまとめ、表紙を付けて製本したものです。字形について大まかに説明を述べますが、1つ1つの筆跡特徴については言及しないもので、主に個人間での交渉時の端緒としてご利用いただいています。
特急料金 簡易鑑定は基本額の5割り増し、本鑑定はお見積り額の3割り増し 最初にお急ぎであることをお知らせください。
  • ■ 東京、神奈川、大阪、愛知のいずれかの弁護士協同組合員である法律事務所・弁護士、またはその法律事務所・弁護士経由でご依頼いただいた場合は、鑑定書や反論書の作成費用を割り引きいたします。

より完全な解決に向けて

○筆跡鑑定書兼反論書(最大10万円お得です)

相手方から出された鑑定書に対する反論を筆跡鑑定書と一緒にまとめ、「筆跡鑑定書兼反論書」として作成いたします。これにより、筆跡鑑定書単体を提出するのに比べ、より完全な事案の解決を目指します。他所の筆跡鑑定書に対する反論書も数多く手がけ、裁判では勝訴や有利な和解への貢献実績がありますので、どうぞご検討ください。
料金は、筆跡鑑定書と反論書を別々に作成するよりも最大で10万円お安くいたします。

○筆跡鑑定書プラス簡易印影鑑定書作成(最大7万円お得です)

筆跡が争点となっている遺言書や契約書といった鑑定資料に押印された印影について、実印によるものかあるいは別な文書の印影と同一の印章によるものかについて、筆跡鑑定書とは別に簡易印影鑑定書を作成いたします。これにより、筆跡鑑定書単体を提出するのに比べ、より完全な事案の解決を目指します。印影鑑定は大手企業からも多数ご依頼があり、裁判では勝訴や有利な和解への貢献実績がありますので、どうぞご検討ください。
料金は、筆跡鑑定書と簡易印影鑑定書を別々に作成するよりも最大で7万円お安くいたします。

筆跡鑑定までの流れ

鑑定ニーズの発生
ご相談と資料の送付
事前調査と見積もり
■ 鑑定資料(誰が書いたか分からない、調べたい資料のこと)と対照資料(鑑定資料と比較するための、書いた人が分かっている資料)を宅配便・書留・レターパックプラスなどでお送りください。
■ わからないことはお電話ください。
■ 鑑定結果の方向と費用のお見積もりをいたします。
■ 資料をいただいて、週末を含まない場合2~3日でご返事いたします。
本鑑定
簡易鑑定
中止
■ 裁判用におすすめしております。
■ 結果の方向、費用の面などで中止する場合は事前調査料金(32,400円)をお支払いいただいて終了となります。
依頼と着手金お支払
お預かり資料返却
■ 着手金として半額程度のお支払いをお願いします。(10万円未満の場合は、前金となります)
鑑定書の作成
■ 鑑定書を作成し、お預かりの資料と合わせてお届けいたします。
鑑定書受取り、残金支払
■ 鑑定書についてのご質問などはご遠慮なくお聞き下さい。また、必要に応じて法廷証人を引き受けます。

■遺言書や契約書などの筆跡鑑定に必要なもの

遺言書などの鑑定資料が誰によって書かれたかを調べたい場合は、それに記載された文字と同じ文字が書かれた対照資料が必要です。例えば、Aさんが書いたとされる遺言書があって、本当にAさんが書いたものであるかを調べたい場合は、Aさんが書いたもので遺言書に書かれた名前などの文字と同じ文字が書かれた対照資料をご用意ください。対照資料は1つだけではなく複数あることで鑑定の精度が高まります。

【鑑定資料】誰が書いたのかを調べたいもの

望ましい鑑定資料は、順に「原本」→「高解像度でスキャンしたデジタルデータ」→「鮮明なコピー」→「写真」となります。デジタルデータは1200dpi以上を推奨します。(事前調査の段階では300~600dpi程度で構いません)コンピューター上での加工は行わないでください。

【対照資料】鑑定資料と照合するためのもの

対照資料は鑑定資料と同様に原本が一番良いのですが、出来れば以下のような望ましい条件があります。(この条件に当てはまらないからといって、必ずしも筆跡鑑定が行なえないわけではありません)

①同一の書体(楷書・行書など)
書体が変われば字形も変わりますので照合が困難になります。また、自分だけが読むことが出来ればよい手帳などの筆跡は、字形を崩して書いてあることがあるため不向きなことがあります。
②同一の筆具(ボールペン・毛筆など)
筆具が異なると字形が変わる人がいるため、鑑定資料と同じ筆具で書かれた筆跡の方がよりよいのです。
③同一の向き(縦書き・横書き)
書き進める向きが異なると字形が変わることがあるためです。
④近い時期に書かれたもの
鑑定資料とより近い時期に書かれたものが好ましいのです。
⑤書き手に争いがないもの(公的な書面・郵送済みの郵便物など)
別人が書いたものではないかなどといった、相手方からの反論を避けるためです。

■領収書などの筆跡鑑定

複数の領収証に記載された筆跡が同じ人によって書かれたものかを調べたいといったこともお調べいたします。詳しくはお問い合わせください。

■サインの筆跡鑑定

欧米などにおけるサインは、字形が誇張あるいは省略される、またラインやループによる修飾がされるなど、必ずしも可読性を求められるものではなく、日本語の筆跡と検証するポイントが異なることがあります。サインの鑑定実績も多数ありますので、ぜひご相談ください。

鑑定書サンプル

鑑定書の一部を紹介

当会の筆跡鑑定書の特徴

特長1「説得力」のある鑑定書
筆跡画像と指摘した内容をまとめ平易な言葉で説明し、余計な夾雑物のない、読みやすくわかりやすい鑑定書を作成しています。わかりやすい鑑定書は、裁判官といった第3者に対しての「説得力」につながります。筆跡の異同(異なるか同じか)については、筆跡特徴の照合及び検証を中心に、事案ごとに応じて角度、長さや面積の計測、コンピューター上での筆跡の重ね合わせによる字画構成の可視化、文字列の配置といったものの照合で、説得力をさら上げられないかを探り求めます。
特長2筆跡個性に着目
筆跡が似ているか似ていないかという単純な照合では、たまたま一致または相違したという点を書き手の異同の要素としてしまい、結果的に筆者識別を誤りかねません。また、そのような類似分析と呼ばれる手法では、別人がある人の筆跡に似せて書いた偽造筆跡へ対抗することに問題があります。コンピューターによる解析も、現状では類似性あるいは相違性を数値化するものであり、最終的な評価は人の判断に委ねられています。当会の基本的な筆跡鑑定では、人の行動の痕跡である筆跡から、それぞれの書き手ごとに異なる恒常性のある筆跡個性に着目し、それが一致するか相違するか検証し記載しています。これにより、筆者識別の精度が高まるととともに、偽造の有無についても確かめることが可能となります。
特長3微細な筆跡特徴の特定
その人にしか書き得ない筆跡特徴を出来る限り見つけ出し、それが一致するか相違するか検証し記載しています。上記の鑑定書サンプルのfで指摘している、「横」字第10画終筆部の折れる形状のような特徴です。この折れた箇所の実物の大きさは、資料B1の場合0.5mm、資料B2は0.3mmほどであり、この形状を別人が真似して書いたとしても自然な書きぶりで再現することは困難です。このような、恒常性のある筆跡個性によるものであり且つ別人による偽造が困難な特徴は、筆者識別の重要な要素となります。

*実際の鑑定書は、それぞれの事案に合わせて内容や構成を最適化しています。そのため鑑定書サンプルと異なることがございます。また、筆跡が不鮮明で微細な箇所の書き方が不明であるなどといった理由により、鑑定書の作りが上記の内容と異なることがございます。

裁判資料としての実績

能力的な限界や恣意的な結論が疑われる鑑定の存在などを理由に、筆跡鑑定に否定的な方がいらっしゃいますが、一方で判決文に当会の筆跡鑑定(書)を採用する旨が記載され、勝訴や相手方の上訴の棄却に貢献していることも事実です。また、相手方の提出した鑑定書に対する反論書を作成し、それにより相手方の鑑定が採用されず、当会のご依頼人様の主張が認められた事例もございます。当会では、当然なことではありますが誠実且つ公正な姿勢で鑑定を行っております。そうした姿勢に加え、上記の特徴を持った鑑定書を作成することで、争いごとなどの問題解決の一翼を担うことができているものと自負いたしております。

判決文1
判決文2

<当会の筆跡鑑定(書)を採用し、相手方の鑑定を認めなかった旨が記載された判決文>

全国どこでも対応できます

  • ■ 各地の弁護士さんを通じて全国の裁判所へ「鑑定書」を提出しています。
  • ■ 鑑定は地域が離れていても大丈夫です。宅急便や郵送でお送りください。
  • 地図

筆跡鑑定のセカンドオピニオン引き受けます

 
筆跡鑑定は微妙なところがあり、鑑定人により筆跡特徴のどこを指摘するのかなどの違いがあり、その指摘箇所の違いで結論が正反対になることもあります。
そのような微妙な一面のある筆跡鑑定ですから、その結論に納得できない場合や更にもう一段確かめたいと思われる場合がございましょう。
そのようなケースについて、いわば医師の「セカンド・オピニオン」の役割をお引き受けしております。悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
 
     

弁護士先生へ

ポイント1
とんでもない非科学的な鑑定結果に、驚愕されたことはございませんか。
ポイント2
相手側の非科学的な鑑定書が認められ、苦汁を飲んだことがおありでしょうか。
ポイント3
このようなことが無ければ幸いですが、これらは、鑑定人の実力の玉石混交状態からすれば不思議ではありません。このことは、「裁判所リストから選んだ鑑定人」といえども何の違いもありません。
ポイント4
筆跡鑑定で最も大切なことは、結局、鑑定能力と倫理観の問題です。いたずらにボリュームがあるだけで具体的な説明は何もない鑑定書や、明らかに事実と異なる結果を示した鑑定書を作成していると思われる事例を多く見ています。著名だから依頼した、元警察官だから依頼したなどでなく、鑑定人の実力を十分見極めてお進めいただくようお勧めします。

今まで筆跡鑑定を行った方の声

●先生の筆跡鑑定が力になりました
 非相続人○○の筆跡鑑定をして頂きましてありがとうございます。先生の筆跡鑑定書を提出致しましてからは,訴訟や和解交渉における裁判官の心証が明らかに変わって,当方(被告)に傾いてきていることを感じておりました。この事件は和解交渉が決裂して,最終的に原告の主張を退ける判決が出されました。筆跡鑑定について裁判官は良く理解してしっかりと理由を書いてくれていると思いましたので,判決の写しをお送りさせて頂きます。今後も何かありましたら,お世話になると思いますが,よろしくお願い致します。  京都府の弁護士の先生よりいただきました。 (この事案では、相手方からも筆跡鑑定書が出されていたが、裁判官はその鑑定を否定した)
●原告の請求が棄却されました
 先日は筆跡鑑定書兼反論書の作成ありがとうございます。原告の提出した筆跡鑑定書に対し先生の筆跡鑑定書兼反論書を提出したところ、第3の鑑定として裁判所嘱託による筆跡鑑定が行われました。この鑑定結果は先生の鑑定結果と同じものでしたが、原告側はさらに「反論書」と追加で「鑑定書」を出してきました。結果は、原告側の鑑定は採用されず、原告の請求は棄却されました。この件では、当職が筆跡を偽造したと原告側は主張してきておりました。とんだ濡れ衣でありましたが、無事に疑いを晴らすことができました。また、筆跡鑑定の必要がありましたらお願いいたします。 宮城県の弁護士の先生よりいただきました。
●追加の鑑定をお願いします
 昨年は鑑定書の作成ありがとうございました。その節は、鑑定書の内容が認められ無事に勝つことが出来ました。ろくにお礼も申し上げずすみませんでした。実は、そのときの相手方である被告が認めない件が別にありまして、その件について再度筆跡鑑定を依頼したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 東京都の弁護士の先生よりいただきました。
●遺言書問題で逆転勝訴し最高裁でも確定しました
 母親の遺言書を兄は偽造だと主張して鑑定書を出し、私は出さなかったため一審は敗訴してしまいました。控訴審で精密な鑑定書を作っていただき、大阪高裁で逆転勝訴に持ち込むことができました。その後、最高裁でも確定し安心しました。私は、日頃母親の言っていたことと遺言書の内容が一致していたので鑑定書まで作らなくともよいと考えていたのです。しかし、一度敗訴すると後の対策が大変です。最初から貴協会に依頼すれば良かったと反省しています。
大阪府高槻市  高橋芳久 64歳 (仮名)
●娘のイジメ問題で裁判所の指定した鑑定人の誤った鑑定を
 
逆転しました
 娘のイジメ問題でしたが、裁判所の指定した鑑定人の鑑定が誤っていたため非常に苦しい思いをいたしました。日本を代表するような鑑定人でしたが、無理に一致しない文字を取り上げて別人としていたように思います。幸い、緻密な「反論書兼鑑定書」を作っていただき、裁判長は判決にはしませんでしたが、限りなく勝訴に近い和解という満足できる結果になりました。娘も明るさを取り戻し私もほっといたしました。鑑定をお考えなら日本筆跡心理学協会の鑑定人の方を推薦いたします。
東京都板橋区  小林美恵子  47歳 (仮名)
●息子の汚名を晴らし、損害賠償の要求をはねのけました
 20代の息子が、得意先5社に対し怪文書を送ったとされ懲戒解雇のうえ、500万円の損害賠償を請求されました。会社は二人の鑑定人を使って息子の犯罪だとしていました。弁護士さんが貴協会が良いだろうというので、鑑定書の作成をお願いしました。貴協会の先生と二人の鑑定人の争いになりましたが、無罪とする貴協会の先生の鑑定が認められ、会社は訴訟を取り下げました。いい加減な鑑定人もいますから、ぜひこちらの鑑定人の方に相談されるようおすすめします。
愛知県一宮市  佐藤謙吉  53歳 (仮名)

(注 プライバシー保護のため仮名にしています)

kindai@kcon-nemoto.com
●お問合せ
東京都弁護士協同組合特約店
kindai@kcon-nemoto.com
日本筆跡心理学協会
TEL:045-972-1480 FAX:045-972-1490
●資料の送り先
〒227-0043
横浜市青葉区藤が丘2-2-1-702
日本筆跡心理学協会
●お振込先
三菱UFJ銀行 横浜藤が丘支店 普通1037197
株式会社日本筆跡心理学協会
代表取締役 根本みきこ
ページの先頭へ戻る